メディアセンター

ニュースセンター
前回風景
マスメディア
メディア登録

展示会ニュース

高齢者市場の発展を迎えるために、 第一回中国国際シルバー産業博覧会が正式オープン

2013.05.22
2014年10月09日から11日まで、第一回中国国際シルバー産業博覧会(SIC2014)は、広州保利世貿博覧館で正式にオープンすることになっています。今回の博覧会は、中国全国老齢工作委員会弁公室、中華全国工商業聯合会、中国国際貿易促進委員会、広東省人民政府および中国保利集団公司によって主催され、また中国老齢産業協会、保利房地産(集団)股份有限公司によって共催され、実施者は広州市保利錦漢展覧有限公司となっています。博覧会の規模は、面積が22,600平方メートル、出展会社が350社、観客が20,000~25,000人に達する予想です。 

中国国際シルバー産業博覧会は、中国で最も権威ある高齢者産業発展のプラットフォームの構築に努め、中国全国の養老•介護•健康などの分野の産業機構の発展を促進し、中国高齢者産業の各分野の経験や資源を最大限に集め、出展企業に強力かつ完全な産業市場支援を提供します。

今回の博覧会は、中国国内外で最もブランド影響力を持つ機構や企業を集め、リハビリテーション•介護用品、補助用品•施設、食品•薬品•保健品、高齢者用生活用品、養老不動産分野の関連製品や技術、並びに高齢者文化教育サービス、高齢者観光•レクリエーションサービス、高齢者保険サービス、高齢者金融サービス、相談サービス、高齢者職業研修などの分野の最新発展成果を集中的に展示します。

近年来、中国の養老不動産分野は、徐々に各大手開発業者から注目されるようになっています。「中央企業不動産ブランド価値トップ」、「上場会社総合価値トップ」である保利房地産(集団)股份有限公司は、率先して養老不動産事業に参入し投資した中国国内企業として、今回の博覧会において中国国内外の養老不動産開発業者、養老機構運営業者、資本投資機構などを招き、共同で「住みやすい養老建築体験区」の展示を行い、中国の国情に適した養老不動産開発運営パターンを検討します。

「2014国際高齢者産業発展サミットファーラム」は同時に開催され、中国国内外の多数の高齢者産業専門家と共同で、高齢者産業の発展における中心的な課題を討議します。また、テーマ別の貿易交渉会も同時に開催され、出展者にさらなる交流のプラットフォームを提供します。

博覧会の各準備作業は既に始まっています。2014中国国際シルバー産業博覧会は、市場発展のトレンドに合わせて、中国で最も権威ある高齢者産業発展のプラットフォームを作り上げ、中国国内外の企業やバイヤーに効率的で便利な取引環境を提供します。
リストに戻る »
ホーム > メディアセンター > 展示会ニュース

マスメディア
< >