アクセス•観光など

交通案内
ビジネス観光
ホテル
ビザ情報

ビジネス観光

  • travel_zhujiangyeyou.jpg

    珠江夜遊珠江は、中国で3番目に長い川として、全長2129キロメートルで、名前は「海珠石」に由来しています。珠江の広州城の下にある部分には大きな石があります。その石は、長期間にわたって川水に流されているため、表面がなめらかで真珠のような形になっており、「海珠石」と呼ばれています。このことから、その石の所在する川は、「珠江」と呼ばれるようになりました。

    主なスポット:白鵞潭、砂面建築群、愛群ビル、天字埠頭、星海音楽庁、広州タワー

  • travel_baiyunshan.jpg

    白雲山風景区白雲山風景区は、中国国家5A級風景区、中国国家重点景勝地として、新しい「羊城八景」の第一の観光名所を誇っています。広東省南部の名山の1つとして、広州市の東北部に位置し、古くから「羊城第一秀」と呼ばれています。白雲山は、広東省の最高峰である九連山の支脈として、広々とした山体を持ち、30を超える山からなっています。また、白雲山は、面積20.98平方キロあり、主峰の摩星嶺は、高さ382メートル、山々が幾重にも重なり、渓流が縦横に流れ、頂上まで登ると広州市の全貌や珠江の風景が一望できます。雨の後や晩春になると、山間に白雲が漂い、独特で素晴らしい景色になり、白雲山の名前はこれに由来しています。

    主なスポット:仙人洞、白雲洞、城頂山、唐帽山、花紅峪

  • travel_chenjiaci.jpg

    陳氏書院陳氏書院は、陳家祠とも呼ばれ、中国清代の祖先を祭る建築であり、広東省広州市の中山七路に位置しています。この建物は、規模が大きく装飾の美しい、保存状態の良い代表的な清朝末期の民間建築物です。1988年、中華人民共和国国務院から全国重点文物保護単位に指定されました。

    主なスポット:木彫り、石彫り、レンガ彫り、陶器塑像、鉄鋳物

  • travel_jiubajie.jpg

    バーストリート広州にはバーストリートが3つあり、それぞれ特色があって、いずれも広州のナイトライフのブランドとなっています。環市路バーストリートはガーデン式の楽しみ、濃厚なプチブル気分などの特色があり、沿江路のバーは風情があふれ、芳村の白鵞潭バーストリートは川の風景を一望でき、ヨーロッパ風の大使館があるため、上海灘の感覚を体験して頂けます。

    主なスポット:環市路バーストリート、沿江路バーストリート、芳村バーストリート

  • travel_tianhougong.jpg

    南沙天后宮沙天后宮は、大角山の東南麓に位置し、珠江の出海口である伶仃洋に隣接しています。その建築は、山に沿って建てられ、聳える楼閣、雄大な殿宇などがあり、天后広場の真ん中に海上女神と言われる林黙を記念するために建てられた石彫りの天后聖像が立っています。特徴として北京故宮のスタイルおよび南京中山陵の勢いを一体にしています。その規模は世界で現存の同じような建築の第一であり、「天下天后第一宮」と呼ばれ、東南アジア最大の媽祖廟ともなっています。

  • travel_zhenhailou.jpg

    鎮海楼鎮海楼は、越秀山小蟠龍崗の上にあります。明洪武十三年(1380年)、永嘉侯朱亮祖などは、宋代広州の東、西、子の3つの城を1つにし、さらに北城を800余丈拡大し、城壁を越秀山の上に建て、さらに城壁の上に建物を建てました。その建物は、5階あることから、俗に「五層楼」といわれています。「楼が成るや会城の形勢益々強し」。その時、珠江は、水面が広く、楼に登って望むと一面に漂う青い細波でかなり雄大な景色であることから、その建物は「望海楼」と呼ばれています。後、また「鎮海」と名づけられました。鎮とは、海(珠江)を静める意味となります。

  • travel_jiniantang.jpg

    広州中山記念堂広州中山記念堂は、中国広東省の重点文物保護対象として、越秀山南麓の東風中路に位置しています。この建物は、八角形の宮殿式建築であり、正面の軒に孫中山氏が書かれた「天下為公」の額が掲げられ、大堂の真ん中には径間30メートルの鉄骨フレームが設けてあり、中に柱がなく、建物全体は民族的な雰囲気があふれています。広州中山記念堂は、広州の人々や海外華僑が孫中山氏を記念するために資金を集めて建てたものです。

ホーム > アクセス•観光など > ビジネス観光

マスメディア
< >