メディアセンター

ニュースセンター
前回風景
电子期刊
マスメディア
メディア登録

展示会ニュース

サービス型ロボット展示エリアSICを初展示 ハイテクは産業の高度な革新をサポート

2017.07.11

社会高齢化が激化するにつれ、養老サービスマーケットは製品、社会基盤施設と従事者などの需給不足がだんだんと拡大し、スマート化したサービス型ロボットは時運に応じて現れ、更に、その特有な消費性質と特徴により、庶民の家庭に入り、養老市場の新しい寵児となりました。今後五年間、我が国のサービス型ロボット業界の年平均成長率は40%に達し、発展の潜在力はきわめて大きいと予測されます。同時に、国はここ二年、サービス型ロボットの発展を推進するため、各政策を公布、実施し、いろんな資本の参入を引き付け、百度、Alibaba、万科、美的とハ-ルなど各業界の大手が既に積極的に配置しました。

3.png

スマート養老の発展動向に従い、世界中スマート養老の研究及び応用成果を展示するため、第四回中国国際シルバー産業博覧会はサービス型ロボット展示エリアを新設し、更に、台湾知恵自動化及びロボット協会、香港ロボット協会、香港サービス型ロボット応用及び管理委員会、香港安老コンサルティング委員会など多くの香港、台湾の権威機構より全力な支持を得ました。先月中旬、台湾で第四回シルバー博のプロモーション会が開催され、初めて「サービス型ロボット展示エリア」の開設が発表され、現場30社近くの企業の注目を大いに集められ、続々と中国養老市場への期待がされました。

2.png

サービス型ロボット展示エリアでは、各種介護、リハビリ、補助及び医療ロボット製品、技術、ソリューションなどイノベーション型成果が集まり、シルバー博という整合化したプラットフォームを通じて、集中的に展示される一方、現場の体験も提供されます。展示エリアは一度発表されたら、艾米ロボット、思依暄ロボット科技、神州雲海インテリジェント科技、佳都実業など企業がみんな積極的な出展意向を表しました。その時、より多くのハイテク企業の出展を引き付けられ、確実に新しいインテリジェント化養老ブームを盛り上げ、サービス型ロボット産業の大規模化プロセスを加速すると予測されます。

1.png
第四回シルバー博は強大なリソースの統合力を発揮し、企業間の精確な需給マッチングの実現を助力するため、既に香港区管局、香港東華三院香港競馬会、李嘉誠慈善基金会、 香港房屋協會、香港楽齢権益と福利促進連盟、台湾長期照顧関懐協会、台湾新北市中華老齢産業促進会、台湾第一社会福祉基金会、台湾創新健康促進教育協会、香港瑞光健康事業集団、台湾嘉義県長期照顧協会など業界機構が来場参観、調達するように招待しました。

中国最も影響力のある国際シルバー産業盛会として、今回のシルバー博の規模・品質が再度グレードアップされ、会場面積は30000平方メートルに達し、350社以上の出展企業を引き付け、50000人以上の来場者が広州に集まって参観すると想定しています。それに、サービス型ロボット展示エリアは養老不動産、介護ベッド、弾力性床材と一緒に、四つの特色のある専門展示エリアを構成し、更にバリアフリー生活、リハビリ介護、養老スマート化、保健養生四つのテーマ展示エリアと同時に登場することより、国際トップ養老ブランドが一堂に集まり、巨大なブランド重合反応を釈放し、企業が兆単位の養老マーケットをテコで動かすことに推進支援します。


リストに戻る »
ホーム>メディアセンター>展示会ニュース

マスメディア
<>